四季の保存法

雨、外22室26°c。記憶にない程雨の多い梅雨です。自家物の保存法と

して乾燥と言う方法を良く使います。デザートにも無花果のタルト、

温州ミカンのスライス等々、今はせっせとドライトマトを、春は筍等も。

ひとみ / - / CM(0) / TB(0)
コリンキー

雨上がり、外23室26°c。生食カボチャ、キュウリネットを利用した

立体栽培です。毎年作っていますが、受粉が良く結構な数が取れます。

味的にはイマイチかも?、カリカリ感が独得。お皿の上で良く映えます。

ひとみ / - / CM(0) / TB(0)
トマトとバジル

雨、外21室22°c。昨日から降り続き。今日はお昼のお客様なのに今また

どしゃ降りです。今季保存目的で干し筍なるものを製作。もどすと丁度メンマ

のような歯触り。長崎産甘鯛と旬のズッキーニと自家トマトのソース。

ひとみ / - / CM(0) / TB(0)
カルタファタ包み

大雨。外19室24°。昔 ベトナム旅行をした時にスコールで2時間程足どめ

に合いました。今まさにそんな感じの降り方、でも現地の方は慣れている

のか、バイクでもへっちゃらのように飛ばしていました。鮑とお魚,アサリ。

ひとみ / - / CM(0) / TB(0)
夏野菜シーズン

晴れ、外27室25°c。今朝の農園、夏野菜も十分に取れ出し、秋迄取れ

続けます。ぼちぼち次のキャベツ等夏蒔き野菜の準備です。晩生の黒豆は

今年はお初の摘新断根栽培に挑戦、すでに挿し木を終え、植え付け待ち。

ひとみ / - / CM(0) / TB(0)
オマールと自家野菜

梅雨空、外22室24°c。カナダ産活けオマール。農園野菜とコライユの

チーズ焼きとウに焼きとそのソース。旬のズッキーニのブレゼと赤白人参

のグラッセ。料理用の写真と違いどうしても慌てて写すのでチョイブレです。

 

ひとみ / - / CM(0) / TB(0)
プライベートレストラン

曇り、外27室27°c。昨日はお店のエアコンを3台除菌クリーニング。

お店は一日一組、一棟貸切がコンセプト。他のお客様は居られないとはいえ、

やはり今回の事でお客様も敏感、色んな備品も使い捨ての物に切り替えました。

ひとみ / - / CM(0) / TB(0)
岸和田包近のもも

曇り、外24室25°c。桃の美味しい季節です。毎年この時期は桃が登場。

岸和田には世界一の甘さを誇る桃を育てる、ギネス認定農園があるらしい

ですよ。これもカネチカの桃ですが、箱には13,5の糖度表示ありました。

 

ひとみ / - / CM(0) / TB(0)
自家農園自家野菜。

晴れ、外25室24℃。お店は「畑から食卓まで、旬の野菜の美味しさを

届けたい」が長岡京のビストロ時代からのコンセプト。こちらに移り

早17年ですが、自給率も上がり現在年間80〜90%。今朝収穫でプリプリ。

 

ひとみ / - / CM(0) / TB(0)
ホタルのころ

大雨、外17室21°c。昨夜はどしゃ降り。この時期はホタルの季節、前の川や

水田によく飛びますが、お店の庭や自宅のデッキにもチョロッと迷いこみます。

鮑と魚介のカルタファタ、包みを開けるとアツアツ、バジルをちぎっていい香り。

 

 

ひとみ / - / CM(0) / TB(0)