玉葱収穫

晴れ、外14室21℃。晴天を狙って収穫。3,4日転がしておくと軸部分が

しんなり、4,5個束ね吊るして保存。赤玉の右ほ玉レタス、白の後ろはナス。

玉葱の後作はさつま芋や金ゴマで満室狙い。今年は千両,長ナス,加茂ナス。

ひとみ / - / CM(0) / TB(0)
新豆サラダ

晴れ、外12室21℃。気温が下がり過ぎ。秋蒔きの豆の収穫がピーク。

次は春蒔きの隠元類がツルをのばし始め、花を着けて来ました。今年の

隠元類は5種類程、全種ダラダラ収穫のツルタイプ。来月には黒豆づくり。

ひとみ / - / CM(0) / TB(0)
初夏のミネストローネ

雨上がり、外14室26℃。新じゃが,新玉,アスパラ,フヌイフ,小カブ,

スナップ,ズッキーニ,Dトマト,ラデッシュ,破竹等の新物自家野菜でまとめた

採りたてミネストローネ。お野菜の種類の豊富な時期に登場する食べるスープ。

ひとみ / - / CM(0) / TB(0)
ニューワールド

晴れ、外26室25℃。我が家では窓全開なのでこの室温。前回の南米から

カリフォルニアのナパバレーへ移動。レッドツリーの白はお初、辛口マッタリ。

私の感じでは米国もんは都会的?ワインの味はそれぞれのお国柄がありますね。

ひとみ / - / CM(0) / TB(0)
赤玉,白玉,小玉

曇り、外20室24℃。今年はこんな感じで小玉の白もあり。ペコロス程

小さくなりませんが十分、手間要らずなのでお店用として毎年作っています。

まだ立っているので収穫はもう少し先ですが4/初頃から新玉として使用中。

ひとみ / - / CM(0) / TB(0)
多肉植物

晴れ、外22室23℃。ギリシャ神話の中にも登場するらしいハウスリーク。

屋根上に植えると魔除けになるのだとか、我が家は玄関ポストの前で魔除け。

元は2,3個だったのに溢れて来ました。小さいピンクの花が咲きますよ。

ひとみ / - / CM(0) / TB(0)
アルゼンチンワイン

晴れ、外15室21℃。先日テレビの旅番組で見かけて購入。普段の南米大陸

はチリワイン。お隣の国ですから葡萄は違えど味が似ているようにも、お国自慢

のマルベックと言う品種らしい。フエスティボ マルベック。

 

ひとみ / - / CM(0) / TB(0)
アーリーレッド

晴れ模様、外16室21℃。今年の玉葱は赤白とも大ぶり。収穫は来月ですが

梅雨が早そうなのでタイミングが重要?苗場にそのまま小玉用も小ぶりの出来。

市場ではアーリーレッドと呼ばれている赤玉、生食用ですが焼いても美味しい。

ひとみ / - / CM(0) / TB(0)
低温調理

雨模様、外17室21℃。これは先日お店での2皿目の前菜です。和牛のヘレ

と牛タン,温玉の3種類が低温調理です。最近低温調理なる言葉を耳にします、

業界ではロブション以来、30年程前からの一つの調理法らしく、知らず知らず

に食べているそうですよ。

ひとみ / - / CM(0) / TB(0)
豆を味わう

晴れ、外12室19℃。この時期自宅でも良く食べる豆類。空豆,エンドウ,

キヌサヤ,スナップ,新玉。自家物豆豆サラダにハム,トマトと温玉をプラス。

旬ものは季節感があって美味しい、新玉カツとじ晩ご飯。主人は+ワイン。

 

ひとみ / - / CM(0) / TB(0)